月見台のFドラ日誌

藤子・F・不二雄ファンのブログ。感想・グッズ紹介・考察etc…

古道具競争でそんなのあったな

5日ぶりでコンニチワ。

実は我が家では、最近自動ロボット掃除機「ルンバ」の購入を検討しているのです。確かに我が家は汚い!かなり汚い!犬の抜け毛や糸くず、コボシチャッタココアの粉やパンのくず。うわっやっぱり今見渡してみると汚いな…ここはやっぱりルンバちゃんを買わねばならぬな。だって、家中を99.1%掃除してくれるロボットが、毎日働くんですもの。1週間で約700%掃除してくれるっていう事ですね。あらステキ。

しかしこのブログは藤子・F・不二雄ファンブログなので、

無理やりFネタを入れ込んで紹介していきます。

ところで、ドラえもんの古道具競争(古道具競走)のラストにもロボット掃除機がいること、ご存知ですか?もっとも、ルンバのようなご丁寧ロボットじゃなくて、頼んでいないのに人間もろども掃除してくれるご迷惑ロボットです。いや、何考えてるんですか僕らの子孫は。

しかしこのルンバ、スケジュール機能も付いているっていうから驚き。音もうるさいっていうほど大きくないそうだし、深夜に毎日掃除してもらっても全然OKらしい。でも誰もいない昼間に掃除してくれた方がやっぱりいいかな?

しかもこのルンバ、ドラえもんのようにお間抜けな部分もたくさんあります。たとえば、充電がなくなりそうなのにホームベースが見つからずソファーの下で息絶えたり、敷いてあった新聞紙をグチャグチャにしちゃったり…そんな失敗までもかわいく見えてしまう(らしい)ルンバ。22世紀にドラえもんの様なロボットが誕生する理由もわかるような気がしますね。